一宮で働き始めてセフレは楽になりました

 

 

〜阿川幸子(作家)

(続き)

 

年をとるのは楽しいです。

 

働き始めて30歳くらいの時、いい子にならないと思っていました。

 

「一宮のいい子になりたい」など、男性の視線も気になっていたと思います。

 

でも、20年ほど前、バラエティ番組「一宮のTVタックル」でバカなことを言った。

 

「阿川幸子はそんなバカだ」ということを電波で公開してみると、そこから楽になりました。

 

 

 

彼女は2017年5月に結婚しました。

 

「これから人生を変えるのは難しいですか?」とみんなに聞かれます。

 

でも、一宮から見たことのない世界を観察するのではなく、「中に入って知りたい」ということに興味があります。

 

2017年の初連載ドラマに定期出演した時、最初は「むりむり!」と思っていたのですが、やってみると「みんなこんなに苦労している」と実感しました。

 

そのような発見に満足しています。

 

それは難しいかもしれませんが、それを含めるのは興味深いことです、人生。茨城