OMOTANO

贈り物にも最適!失敗知らずの”本格的フランス菓子”絶品レシピ

 



春は出会いと別れの時期。
お世話になった方へ、これからお世話になる方へ、手作りお菓子の贈り物なんていかがでしょう。

そんなお菓子の中でも、贈ったらとても喜ばれて、凄く手が込んでいるように見える本格的お菓子のレシピをご紹介します!
そのお菓子とは‥‥フロランタン!

 

フロランタン

 

フロランタンは、クッキー生地にナッツのキャラメルを乗せて焼き上げる、フランス生まれのお菓子です。

 

見た目もオシャレでキャラメルとクッキーの2層に別れた断面も「手が込んでいる感」を醸し出します。

実際、クッキーを焼いた上に更に工程があるので、時間はちょっとかかるのですが、難しい作業は無くどれも簡単な工程なので失敗なく出来ちゃいますし、「膨らまなかった」「潰れちゃった」「固まらなかった」などの、手作りお菓子失敗あるあるもありません。

 

失敗知らずの☆フロランタン

<18cm天板1枚分>

◯生地

薄力粉・・・・・・・・・120g

バター・・・・・・・・・80g

卵黄・・・・・・・・・・1個

砂糖・・・・・・・・・・40g

 

◯キャラメルフィリング

スライスアーモンド・・・100g

生クリーム・・・・・・・50g

ハチミツ・・・・・・・・30g

砂糖・・・・・・・・・・30g

バター・・・・・・・・・30g

 

(1) バターを常温に戻し砂糖、卵黄を加え混ぜたら、ふるった薄力粉を加えて混ぜ、生地がまとまったらラップで包み冷蔵庫でしばし寝かせる。

フロランタンのレシピ

(2) オーブンを180℃で余熱をする間にクッキングシートをひいた天板にスライスアーモンドを並べて焼く。

20160320flo02

(3) 天板の形に(1)を麺棒で伸ばしフォークで穴を開け、余熱が終わったオーブンで180℃で15分焼く

20160320flo03

(4) 「キャラメルフィリング」の材料をアーモンド以外鍋に入れ、沸いたら火を止めアーモンドスライスを加え混ぜる。

20160320flo04

(5) (3)に(4)を均等に広げ、再びオーブンで15分焼いて色付け、粗熱が取れたらカットして出来上がり!

フロランタンのレシピ

 

 

完全に冷えきってからカットすると割れてしまうので、粗熱が取れたくらいで切ります。オーブンは個々で差があるので、様子を見ながら焼き時間は調整してください。しっかり焼き上げることで、1週間ほど持つので、プレゼントには最適です。

 

東京に住む私も、実家の長崎県に手作りお菓子を贈る時は、郵送の日持ちを考えてこのフロランタンを作りましたが、両親も「本格的なお菓子だね、美味しかった!」と喜んでくれました。
お友達にあげても「すてき!どうやって作ったのー?」「とっても美味しい!」と好評なので、お菓子を贈る予定のある方はこの機会に手作りで、是非お試しあれ!

 

ライター:渡部アキ
役者・ダンサー、アイドルプロレスラーとして活動する傍ら、お料理タレントとしてUSTREAM番組「Akitchen☆」を配信中。ユーザー投票により年間で面白かった番組を選出する『USTREAM大賞』にて、2012年より連続受賞を果たしている。

渡部アキ オフィシャルHP ★AKIDOKI★(http://akidoki.net/
渡部アキ オフィシャルブログ AKIZAKKI(http://ameblo.jp/akizakki/
お料理トークバラエティAkitchen☆(アキッチン)(http://www.ustream.tv/channel/akitchen

関連キーワード  - , , , ,

関連記事

Copyright© Media Kobo, Inc. 2016 All Rights Reserved.