OMOTANO

恋人になれても「結婚は無理」と思われてしまう女性の、隠された特徴5つ

 



結婚したくない女の特徴

出典:Paylessimages

こんにちは、トイアンナです。付き合うところまでは行けるのに、彼と結婚まで進めない、いざ結婚の話をすると「今は結婚するつもりないから」とかわされる……そんな苦渋を舐める女性も少なくありません。

 

そこで今回は「付き合えるけど結婚はちょっとなぁ…」と思われてしまう女性の特徴を、男性からヒアリングした経歴よりお伝えいたします。

 

1. 極度の寂しがりや

見出しをのっけから否定するようですが、寂しがりやであること自体は結婚にむしろ向いている性格です。1人でいるのが最高に幸せ! 全然寂しくない! という女性のほうがむしろ結婚は遅くなりがち。

 

では、結婚を躊躇されてしまうレベルの寂しがりやとはなにか。それは「寂しさを自分でコントロールできない」女性です。ふと寂しくなって深夜に電話してしまったり、彼が飲み会に行くだけで不安になったり。ここまで極端に寂しがりだと「ずっと一緒にいられるかな」と彼が不安になってしまいます。

 


2. take, take and take精神

よく「ギブアンドテイク」と言いますが、結婚は特に「相手に幸せにしてもらうぶんだけ、自分も相手を幸せにする」精神が必要とされます。

 

結婚したら専業主婦になりたい、でも家事は半々にしてほしい、年に1度海外旅行へ行きたい……と思うことは自由ですが、これを当たり前のように言うなら「で、お前は俺に何してくれるの?」と思われるかもしれません。

 

3. ケンカになっても一切譲歩しない

結婚の準備や親の顔合わせなど、真剣交際にはケンカの種になるイベントが続々発生します。そんなとき、怒りを上手く伝える技術(アンガーマネジメント)が大切となります。

 

ケンカをしたときに「何で○○君ってこうなの!?」と責める一方の言葉を使ってしまうと、これからも話し合いができないのかな……と相手も不安になるようです。特に男性は女性に比べて口下手な人が多く、ムスっと黙り込んでしまいがち。そこでなお責め立てられると、うんざりしてしまうようです。

 

4. 感情的になった後で謝れない

こちらもケンカの後の話ですが「私もここは悪かった。ごめんね」と後から言い出せるかどうかで、彼の印象はがらりと変わります。たとえ感情的に怒ってしまっても、後で反省できるなら関係を続けられると思うのです。

 

男女逆に考えても、感情的に怒鳴られてから謝ってもらえなければ「結婚するの、彼でいいのかな」と考えるはず。怒ったら二度と謝らない! と家を飛び出してしまうような女性は、男性にとってこれからを不安にさせてしまうようです。

 

5. 結婚前から束縛を意識させる

「何で飲みに行ってたの? どこ? 誰と? 帰ってくるの30分以上遅れたら罰金ね」と結婚前からガチガチに彼を束縛していませんか? もともと男性は結婚すると飲みに行けなくなるな、遊べなくなるなと不自由をイメージしています。最初から彼を束縛してしまうと、結婚後を想像して暗い気持ちになってしまうかもしれません。

 

おわりに:婚約破棄は「周りから反対されて」のが実態ここまで挙げてきた行為をしても、彼はあなたのことを好きでいてくれるかもしれません。ですが、婚約破棄の決定的なきっかけは実のところ「親戚・友人に反対されるから」が大きいのです。

 

「あの子、いい子だけどちょっと激情的なところがあるよね」

「正直に言うけど、あなたに尽くすことばかり求めてるし、私は結婚に賛成しないな」

こんな言葉を親や友達からかけられると、彼も「確かに、ちょっとおかしいな」と感じてしまうのです。もしあなたに当てはまることがあるのなら、周囲の人から認めてもらえるような自分を目指してみましょう。

ライター:トイアンナ
トイアンナのぐだぐだ(http://toianna.hatenablog.com/

 


婚活・結婚診断

“婚活・結婚診断"

関連キーワード  - , ,


この記事を読んだ人におすすめ!
関連記事

Copyright© Media Kobo, Inc. 2016 All Rights Reserved.