OMOTANO

「草食系」の実体って?サークルクラッシャーに学ぶ、現代の男たちの本性

 



出典:Paylessimages

出典:Paylessimages

大学などの同じサークル内の複数人が同時に1人の女性を好きになると、運営に支障が出たり、サークル自体が崩壊したりすることがある。その発端である女性を”サークルクラッシャー(以下、サークラ)”と呼ぶそうだ。

『岡田斗司夫の愛人になった彼女とならなかった私 サークルクラッシャーの恋愛論』(鶉まどか/コア新書)には、かつて自らサークラ行為を繰り返した著者から見た、現代の若い男性たちの実体が事細かに分析されている。恋愛に受け身であるがゆえ「草食系」と呼ばれる彼らのねじれた本性と、実際に彼らと付き合う際の注意点を本書から学ぶ。

 

「草食系」2パターン、”クラッシャられ”・”恋愛童貞”とは

本書では2パターンの「草食系」男子が紹介される。一つ目、”クラッシャられ”は、サークラに引っかかる危険性のある男性のことを指す。極端に消極的で、リスクを嫌うため恋愛経験がまるでない男性。彼らには同性の友達も少ないのだそう。

続いて”恋愛童貞”は、客観的に見てもモテるスペックを持っている。一見”クラッシャられ”と対局だが、恋愛に「受け身」なことは同様。”熱烈な恋心を抱いた記憶”が無いためデートプランも立てられず、家デートになることが多いそう。特に食事まで女性に求められるがまま、自ら作ったものをふるまう。

よく「奥手」と勘違いされるが、そうではなく「受け身」。自ら手を出すこと自体を拒んでいる点に注目だ。

 

草食系男子の「恋愛したくない」は嘘

草食系男子は大抵、「そもそも恋愛なんて無理強いされることじゃない」という主張をする。しかしそれは本心ではなく、受け身である自分を正当化しているだけだと本書は指摘している。

“クラッシャられ”はリスクを恐れるあまり安全地帯から抜け出せない。その結果、サークラが近づいてきたときに危険に気づけず、自らコミュニティを崩壊へと導いてしまう。

一方”恋愛童貞”は、高い理想を抱えながら、向こうから言い寄る女性がいればとりあえず付き合い始める。しかし何を言われてもただ言いなりになり、最終的には不満を募らせ相手を切り捨てるのだという。

彼らはどちらも、失恋から学ばない。責任を相手の女性に押しつけ、先に述べたような主張を平気で口にする。そこにねじれがある。

 

「受け身」の男性との正しいつきあい方は?

“恋愛は、人間関係の一つだ。人間関係において、一方が受け身であり続ければ、当然ながら関係が深まっていくことはない。”

本書からの引用だ。「受け身」な男性と付き合う場合、まず彼らの姿勢を決して許してはいけない。受け身でいるから”成長することもなく、同じ失敗を繰り返す”。

具体的な方法は本書に載っていないが、簡単なことだ。喧嘩をすればいい。「受け身」な男性が最も嫌うことを、あえてさせるより他にない。心の奥底から溢れる感情と感情をお互いでぶつけ合わねば、元は他人同士が生涯を共にしていくことは不可能である。

 

本書は、かつてサークラだった著者の懺悔ではない。被害者は、むしろ何人もの男性を翻弄し続けてきた彼女自身かもしれない。結局彼女は本当に愛した相手にも、どんなにデートプランを練って連れ出そうと、150万円を貢ごうと、「受け身」がゆえに振り向いてもらえず、破綻してしまった。

2009年に「草食系」という言葉が生まれ、7年。もう彼らに翻弄され続けるわけにはいかない。今こそ彼らのねじれを暴き、ほどいてあげるときだ。

ライター:平原学[ひらばるまなぶ]
ショートショート『汽笛』で2000年おはなしエンジェル子ども創作コンクール優秀賞。2001年、長編小説『レインボーロードスーパーバトル』で第4回日本自費出版文化賞入選。2013年第3回ツイッター小説大賞佳作。2013年、長編小説『ゴオルデンフィッシュ』(文芸社)出版。2014年より恋愛コラムニスト・イベントレポートライターとしても活動中。
ブログ:一日一話の創作部屋『スミズミまできく!バルさん。』
(http://ameblo.jp/iwanttobekreva/)

Facebookページ
http://on.fb.me/1LwSZvX

Twitter
https://twitter.com/chocolatesity

関連キーワード  - , ,

この記事を読んだ人におすすめ!
関連記事

Copyright© Media Kobo, Inc. 2016 All Rights Reserved.